ずっと気になっていた脇の黒ずみ、キレイに治して自信を持ってノースリーブを着ましょう

悩む女性

私は脇の黒ずみでず~っと悩んでいます。
綺麗な脇になりたいです!

このような脇の黒ずみに悩んでいる女性は、かなり多いですね。
ノースリーブを着る季節になってくると気になってくるのが、この脇の黒ずみ。
かつては私も悩んでいました。
通勤電車でつり革につかまっている間も、誰かが私の脇を見ていないかどうか気になってしまうほど。

しかし今では適切なケアをして脇もすっかりキレイになり、自信をもってノースリーブを着ることができます。

このサイトでは脇の黒ずみの治し方について勉強したり、試行錯誤してみたりしたことについてお伝えしていければと思っています。

脇の黒ずみの治し方はクリーム・エステ・クリニックの3つ

適切な脇の黒ずみケアの方法としては、次の三種類があります。

  • 黒ずみ改善効果のあるクリームを使って、自分でケアをする
  • エステサロンでピーリングなどの施術を受ける
  • 専門の皮膚科クリニックで治療を受ける

この3つの方法を簡単に比較したのが、以下の表です。

メリット デメリット
クリーム
  • 手軽に自宅で黒ずみケアすることができる
  • 費用も安い
  • 程度の重い黒ずみだと効果が出ないことも
エステサロン
  • 皮膚科よりも通いやすい
  • 提携店舗が多くある。
  • クリームよりは費用がかかる
皮膚科
  • 医療機関ならではの効果の高い治療を行ってくれる
  • 個人経営のクリニックだと予約が取りづらい
  • 保険適用外の自由診療となり、費用がかかる

順番としては、まずはクリームを使ってセルフケアする方法がおすすめです。
丁寧にケアを継続していけば、クリームだけでも脇の黒ずみは改善できますよ。
お金も時間もかからないですしね。

クリームでも改善しないような脇の黒ずみの場合であれば、エステサロンか皮膚科クリニックで施術を受けたほうが良いでしょう。

脇の黒ずみを自分で手軽に治したい場合は、黒ずみ改善効果のあるクリームを活用しよう

エステサロンやクリニックで治療するにはそれなりの費用がかかりますし、忙しい方であれば通院をする時間を確保するのも大変です。
しかし脇の黒ずみがどうしても気になっておシャレを心から楽しめない、というのは非常にもったいないことですよね。

何とか自分で治したい!という方や、比較的まだ黒ずみの程度が軽いという方であれば、脇の黒ずみ部分に美白効果のある保湿クリームをこまめにつけるケア方法が有効です。
今は脇の黒ずみ改善効果のあるクリームとして高品質のものがネットで手軽に買えます。
このようなクリームを継続して使うことで、かなりの脇の黒ずみ改善が期待できますよ。
以下に私が実際に使ってみて効果を実感した、脇の黒ずみ専用のクリームをランキング形式でご紹介しますね。

 薬用アットベリー

atberry-moatberry-pc「薬用アットベリー」は、JJなどの女性誌で紹介されているのでご覧になった方も多いかもしれません。
浸透性コラーゲンやヒアルロン酸が配合されたジェルを塗るだけの、簡単なお手入れで脇の黒ずみ対策ができます。
保湿効果や美容成分だけでなく、脇の臭いを抑える桑の葉エキスも配合されています。
とりあえず使ってみて満足できなかった、という場合には120日間の返金保証もありますので安心ですね。

実際に使用してみました
公式サイトはこちら

ピューレパール


「ピューレパール」は脇の黒ずみ改善に特化した保湿ジェルです。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分はもちろんのこと、プラセンタやビタミンC誘導体などの美白成分もしっかりと配合されています。
国内工場できちんと品質管理されているので、内容面でも安心ですね。
また天然ビタミンEでニオイの原因菌を抑える働きもあるので、脇のニオイが気になる方にも使って頂けますよ。

実際に使用してみましたピューレパール公式サイトはこちら

ホワイトラグジュアリープレミアム

white-mowhite-pc「ホワイトラグジュアリープレミアム」は乳首の黒ずみ改善のために開発された、保湿クリームです。
人には相談しにくい、デリケートな部位の黒ずみ対策に効果ありですよ。

実際に使用してみました
公式サイトはこちら

クレアフォート

クリームでもダメなら、エステサロンの黒ずみ改善コースに通ってみる

長年メラニン色素が蓄積された脇の黒ずみの場合、クリームを塗るだけでは思うように治らないこともあります。
セルフケアだけでは限界を感じたときは、美容皮膚科クリニックなどで施術を行ってもらう方が良いでしょうね。

ただいきなりクリニックに行くというのも、ちょっと敷居が高いと感じる方も多いことでしょう。
保険が効かない自由診療であれば治療費も高額になりがちですし、人気のクリニックだと予約が非常に取りづらいことも…

そんな時はエステサロンでありながら、医師監修のもと脇の黒ずみを治すためのピーリング&イオン導入などの施術が受けられる、シーズ・ラボの門を叩いてみてはいかかでしょうか?
シーズ・ラボなら全国に展開する20店舗での予約もスムーズにできますし、丁寧なカウンセリングつきで初回5,400円(税込)という費用も魅力です。
シーズ・ラボで受けられる施術の詳細や店舗所在地などは、以下の公式サイトよりご覧ください。
cis-banner

皮膚科でなら、どうにもならない脇の黒ずみもきれいに解消

セルフケアやエステサロンなんて、まどろっこしい!
一刻も早くこの脇の黒ずみを治したい。

そんな方は、美容皮膚科クリニックでの治療をするのが早道ですね。
なんといっても医療機関でしかできない治療や処方薬は、脇の黒ずみ解消の効果が抜群ですから。

クリニックで脇の黒ずみを治す方法としては、まず塗り薬による治療法が挙げられます。
これには、皮膚の中にあるメラニン色素を、早く外に出しやすくするために、いわゆる「美白効果」のある薬を塗るパターンと、メラニン色素が作られるのを抑えて、皮膚の漂白作用のある薬を塗るパターンの、二通りがあります。
薬の中身としては、とぢらも美白効果を謳っている化粧品などにも入っている物質なのですが、皮膚科で「医療用」として処方される場合には、化粧品よりもはるかに強い効能があります。
効能が強い分、やはり副作用などもとても強く、リスクが高いため、必ず、皮膚科医としっかりと相談をした上で、そして医師の指示にきちんと従いながら、処方を受けて使うようにしましょう。

他にも、脇の黒ずみを治す方法として、ケミカルピーリングという方法もあります。
これは、薬剤を用いて、皮膚の表面の古い皮膚や角質を、溶かして取り除いてしまう、という方法です。
ケミカルピーリングを行うと、ターンオーバーが活発になるため、肌も柔らかくなり、黒ずみのあった部位も、きれいな皮膚へと生まれ変わることができます。

ケミカルピーリングの薬剤は普通に市販されているものもありますので、自分でも行ってみることはできます。
ただ市販のものよりも皮膚科で使われる薬剤のほうがずっと濃度が濃く、効果もはるかに高いです。
皮膚科を受診して施術をしてもらうほうが、より確実な効果で、脇の黒ずみも治すことができるでしょう。

脇の黒ずみは、皮膚への刺激によってメラニン色素が増えることが原因となって起こる

脇の黒ずみは、むだ毛の自己処理などによる長期間繰り返してしまっている肌への刺激が主な原因で起こります。
カミソリなどによる肌への刺激が繰り返されると、皮膚は色素沈着を起こしてしまい、これが脇の黒ずみとなってしまうのです。

ですから、脇以外にも常に刺激が繰り返されている部位があれば、その部分の肌ももちろん黒ずみができてしまうことも。
たとえばヒザ・デリケートゾーン・ヒジなどは、脇と同じぐらいに黒ずみが表れやすい部位だと言えるでしょう。
特にデリケートゾーンは、服や下着による摩擦なども常に起こってしまっている部位だからです。

脇の黒ずみの元となっているのはメラニン色素

こうした脇などの黒ずみ(色素沈着)は、メラニン色素の増加が原因です。
メラニン色素は、本来紫外線から私たちの皮膚を守ってくれるという、とてもありがたい役割も果たしてくれています。
ですが肌への刺激が繰り返されると、私たちを非常に悩ませる皮膚の黒ずみの元にもなってしまうのですね。

通常、皮膚はターンオーバーという仕組みがあります。
ターンオーバーにより古い皮膚は自然と徐々にはがれ落ちていき、新しい皮膚へとどんどん入れ替わっているのですね。
そのため黒ずんでしまった皮膚をそのままにしておいても、いずれはこのターンオーバーによって表面の皮膚から少しずつはがれ落ちていきます。
はがれ落ちた古い細胞のあとは、きれいな新しい皮膚細胞が入れ替わってくるというのが正常なターンオーバーなのですね。

ただ皮膚の環境が悪いとこのターンオーバーが正常に行えなかったり、皮膚が再生されるスピードが非常に遅くなってしまいます。
その結果としてなかなか黒ずみが消えない、ということになってしまうのですね。

肌の乾燥も、脇の黒ずみの原因に

他にも脇の黒ずみの原因としては、肌の乾燥も挙げられるでしょう。

皮膚が乾燥してしまうと硬くなってしまうために、ターンオーバーがとても遅くなってしまいます。
そのため肌の黒ずみも、いつまでも残ったままになってしまうのです。

また肌が乾燥してしまうと、かゆみを引き起こします。
かゆいとついつい掻いてしまいますよね。
その「掻く刺激」も長く繰り返されれば黒ずみの原因になりますので、注意が必要です。

皮膚の乾燥を防ぐためには、まめにクリームを塗るなどして保湿を忘れずに行うことが非常に重要。
脇の黒ずみ改善クリームであれば、美白成分とともに保湿効果のある成分がたっぷり含まれているので、乾燥予防にもピッタリですよ。

黒ずみ改善クリームの一覧はこちら

一方で黒ずみが気になるからといって、お風呂で強い力でごしごし洗ってしまったりするのも厳禁です。
こうした行為はさらに肌を傷めてしまい、黒ずみを加速させてしまいますので絶対にやめましょう。

毛穴のつまりも脇の黒ずみの原因となるので要注意です

普段から脇に制汗剤を使っている方も多いのではないでしょうか。
汗やにおい対策のためには毎日の制汗剤は欠かせない、という方もいらっしゃることでしょう。
ですがその制汗剤が毛穴につまってしまうと、実はそれも脇の黒ずみの原因となってしまいます。
そのため脇の黒ずみを防ぎたいのであれば、制汗剤もあまり大量に使いすぎないように注意しておく必要があります。

特にパウダータイプのものは、より毛穴に詰まってしまいやすいため気をつけましょう。
また毛穴がつまってしまうと、炎症を起こしてしまい、さらなる肌トラブルの原因となってしまいます。
普段から常に清潔を心がけ、毛穴のつまりには、しっかりと注意しておきましょう。

脇の黒ずみに効果的な様々な美白成分について

脇は皮膚がとてもデリケートな部分ではあるのですがもっとも刺激を受けやすい部分でもあります。
特に女性の場合は脇毛の処理などで剃刀などで刺激を与えてしまうので黒ずみがとても出来やすいと言われています。脇は基本的に人に見せる部分ではありませんが、やはりそんな部分でも黒ずんでいるのは恥ずかしいと思うでしょう。
そこでこの項はそんな脇の黒ずみに効果的な様々な美白成分についてご紹介致します。

ハイドロキノンは肌の漂白剤

美白成分の中でも特に有名で効果の高い成分がハイドロキノンです。
肌の漂白剤とも呼ばれており、美白効果はとても高い成分の一つです。メラニン色素を作る酵素チロシナーゼを抑える効果があり早い段階で美白になります。
しかし刺激がとても強いもので、市販されてはいるものの配合量はとても少ないです。
また人によってはハイドロキノンの刺激によって腫れや炎症を起こす危険性があります。
ですので皮膚科などで処方されているハイドロキノンを利用するのがおすすめです。皮膚科の場合ですとその人に合った量を処方してくれるので肌を傷めることは少ないので安全です。

トレチノイン酸はお肌の新陳代謝を促す

肌の深層にあるメラニン色素を外に出し、新陳代謝を促してくれるのがこのトレチノイン酸と呼ばれる成分です。
古い皮膚や角質がポロポロと落ちるようなピーリング効果があります。
しかしこちらも皮膚の乾燥や赤いただれを引き起こす可能性がある成分でもあります。したがって、使用する場合には医師に相談をしたうえで使用するのが必須になります。
自己流で適当に使ってしまうと後で後悔することになりかねません。また特に妊娠中や授乳中は退治や乳児への影響があるので使用は控えましょう。

ビタミンC誘導体は市販のクリームにも

ビタミンC誘導体は上記2つに比べると刺激はとても少ない成分になります。
肌に浸透しやすい成分で、肌に浸透するとビタミンCに姿を変えてメラニン生成を抑えて黒ずみを改善していきます。効果はやや低めではありますが、小まめに使用し続けることで徐々に効果を発揮します。
ただ刺激は少ないとは言いましたが、保湿力は無いので化粧水などにこのビタミンC誘導体が配合していると塗ってすぐに乾燥したような状態になることがあります。ですのでビタミンC誘導体と併せて保湿力の高いスキンケア用品を使うのが良いでしょう。

自己判断で使用するのは避けよう

脇も顔同様に丁寧にケアをしてあげることで黒ずみは改善していきます。
また今回ご紹介した成分のほとんどは刺激がとても強いのが特徴です。ですので自己流で使用しないことがとても大切になります。
使用する前には医師に相談をしたり、病院で処方してもらうのが比較的安全でしょう。
また皮膚に疾患がある、妊娠中や授乳中の方は特に注意が必要になってきます。取り返しのつかないことにならない為にも細かい部分への配慮がとても重要になります。
脇の黒ずみを綺麗にするためにはそれなりに面倒なこともありますが、めんどくさがらずに頑張りましょう。
悩みを解消して、自慢の美しい「脇」で、ノースリーブや水着を着こなしたいですね。

脇以外にも黒ずみが起こりやすい場所があります

デリケートゾーンの黒ずみの原因と解決策について

意外と気がつかないデリケートゾーンの黒ずみ

多くの人がケアを怠りがちなデリケートゾーンですが、気づいたら黒ずんでいたということは少なくありません。
脇の下と同様に普段なかなか見ない部分なだけに酷い状態になるまで気づかなかったという人も少なくはないでしょう。
一見すると顔のようにケアしなくても大丈夫と感じている人もいるかもしれませんが、実はデリケートゾーンというのは顔以上にケアが必要な部分でもあるのです。
そんなデリケートゾーンの黒ずみの原因と解決策について、ご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は下着が擦れること

顔の場合は紫外線などがメラニン色素を発生させて黒ずみを作ります。
そしてデリケートゾーンの黒ずみの場合にもこのメラニンが大きな原因になっているのです。メラニンはそもそも肌を紫外線などの外部からの刺激から守る為のものなのですが、デリケートゾーンではそのメラニンがとても活発に働いています。
なので下着や衣類に肌が触れたり擦れてしまうことで肌を守ろうとする働きから黒ずみを作り出してしまうのです。
肌と相性の悪い素材のものや締め付けるようなサイズの小さい下着や衣類はデリケートゾーンに黒ずみを作りやすいものなので要注意です。

デリケートゾーンの黒ずみの解決策は脇と同様

まず下着などで擦れて黒ずみを作り出してしまう状態の多くは肌が弱っている時に起こりやすいです。
なので肌のターンオーバーが正常であることが黒ずみを解決するためには重要になってきます。
睡眠不足や栄養不足、さらに運動不足といった身体の健康に悪い生活を送っていると黒ずみも自然と出来やすくなってしまいます。ですので生活改善を行うというのもデリケートゾーンの黒ずみを改善するにはとても効果的な方法と言えます。
また女性の場合にはホルモンバランスの変動によって肌のターンオーバーは大きく左右されることがあるのでホルモンバランスを整えるというのも重要になります。
さらに少しの期間生活習慣を変えるのではなく長期間かけてじっくり生活習慣を変えていき肌の状態を健康にすることが大切です。

デリケートゾーンも丁寧な保湿を

デリケートゾーンは顔とは違いクリームや化粧水などを塗る人は少ないでしょう。
ですが、何もしないままですと乾燥などを引き起こす可能性もあります。
ですので入浴後にはクリームを塗ったりケアを行うことが大切になります。
さらに最近ではデリケートゾーン専用のクリームも市販されているのでそういったものを上手く利用していくのも良いでしょう。
こうしたことも結果的に黒ずみを解決してくれることになるので日々の努力が大切になってくるのです。

デリケートゾーンの悩みは恥ずかしい?

デリケートゾーンの悩みは他の人に相談するのは恥ずかしいと思う人が多いので一人で悩んでしまいがちです。
さらに人によっては症状が悪化してしまい自分自身のケアでどうにもならないという人もいます。そうした場合には皮膚科などの専門医に診てもらう必要があります。
しかしデリケートゾーンを人に見せるのはと思うかもしれません。
ですがそのまま放置してしまう方がもっと悪くなるかもしれませんので早めに受診することをおすすめします。
最近では女性医師のいる皮膚科も増えてきていますので、恥ずかしいと感じる場合には女性医師は恥ずかしさが軽減されます。
一人で悩むのではなく相談するということも時には大切になりますので、そうした勇気を持つことも大切なのです。

二の腕の黒ずみの原因と対策方法について

二の腕の黒ずみで悩んでいませんか?

二の腕の黒ずみで悩んでいる人は意外と多いです。
気づかないうちに黒ずみが出来てしまうという人も少なくなく、また二の腕のケアをしっかり行っているという人もあまりいらっしゃらないようです。
しかし二の腕の皮膚はとてもデリケートで顔同様にしっかりケアを行うことが重要になります。
そんな二の腕の黒ずみの原因と対策方法について、詳しく見ていきましょうね。

二の腕が黒ずんでしまう原因は刺激や摩擦によるもの

そもそも黒ずみというのは強い刺激や摩擦などで色素沈着を起こして出来てしまうものです。
強く肌を擦ってしまったり紫外線なども黒ずみの原因になる場合があります。
特に二の腕の場合だと乾燥やアトピー性皮膚炎などによる痒みからついつい掻き毟ってしまう人も多く、それが原因で色素沈着を起こして黒ずんでしまうことがあります。
ですので二の腕の黒ずみを改善したり予防するにはまず過度な刺激を与えないということがとても重要になります。
また二の腕は無意識のうちに掻いてしまいやすい部分でもあるので刺激を与えないように意識することも大切です。

二の腕の黒ずみ予防にも保湿が重要

二の腕の黒ずみは擦ったり掻き毟ったりなどが主な原因になるので、そうならないためにも肌を乾燥から守ることが重要になります。
保湿力の高い化粧水やローションなどを入浴後にしっかり塗るように心がけましょう。
また肌の疾患による痒みの場合には皮膚科を受診することもおすすめです。
皮膚科の場合も同様に保湿クリームを処方されることがほとんどですが、その他にも飲み薬の同時に処方される場合があります。
市販の保湿クリームでも十分効果はありますが、皮膚科で処方された保湿クリームの方が効果を早く実感することが出来ます。

栄養バランスを考えた食事を心掛ける

二の腕の黒ずみは肌への刺激以外にも栄養の偏りが原因になる場合があります。
特に肥満体型の方は黒ずみやブツブツなどが出来やすい傾向にある為食事にも気を使う必要があります。
野菜やタンパク質などをバランス良くしっかり補うことで黒ずみの出来にくい肌質にすることも可能です。
ただ毎日バランスに気を使った食事が摂れないという方は少しでも脂っこい食事や糖質の高い食べ物は控えるなどを意識するだけでも十分効果はあります。
またコンビニなどでの食事が多い人はお弁当と一緒にサラダも買うとバランスが取れていいです。
少しの工夫が結果として二の腕の黒ずみを予防する効果に繋がるので是非試してみてください。

夏までに二の腕の黒ずみ対策を

二の腕の黒ずみは特に女性で悩んでいる人が多いです。
特に夏場になると黒ずみが原因で薄着になるのが恥ずかしいと思う人は少なくないでしょう。
そんな思いをしない為にもまずは対策を行うことがとても重要になります。
また肌に疾患を持っている方は皮膚科の医師に相談をして適切な治療を行うというのも黒ずみ対策になります。
症状が出てさらに悪化してしまってからでは遅いのでまずは早めに対策を行うことをおすすめします。